デリケートゾーンの痒みや、オリモノの生臭いニオイ...

デリケートゾーンの痒みや、オリモノの生臭いニオイ

 

デリケートゾーンの痒みや、オリモノの生臭いにおい…。女性なら一度は経験ありますよね。

 

オリモノの生臭い

 

かゆみ・臭いは、もしかしたら雑菌の洗い残しが原因かもしれません。


 

オリモノ臭いや、痒みの原因は雑菌

 

 

ストッキングで絞めつけたり、生理のナプキンでムレたり、などと陰部はとても雑菌が繁殖しやすい環境が整っています。雑菌が好む環境として、以下の3つがあげられます。

 

  • 適度な温度がある。
  • 常に湿度が高い。
  • 栄養が供給されている

 

まさに、陰部は雑菌にとって、とても住みやすい環境です。雑菌をしっかりと洗い流すことで、繁殖を防ぎ、オリモノの臭いや、痒みを改善することができます。

 

オリモノ臭い

 

オリモノの臭いやデリケートゾーンのかゆみは、雑菌を洗い流し清潔に保つことで改善されます。

 

雑菌を洗い流すのは、膣内部を洗浄するのが一番です!


 

膣内部の洗浄は専用の洗浄剤を使用しましょう。

水や石鹸で、膣内を洗うことは逆効果になるので絶対に禁止です。

 

  • トイレのビデやシャワーの水では、雑菌やオリモノの成分である、たんぱく性の汚れを洗い流すことができません。
  • デリケートゾーン専用の石鹸は、外陰部までとなるので、膣内部に使用してはいけません。デリケートな膣内部には刺激が強すぎてしまいます。

 

オリモノの生臭い

 

膣内を洗うときは、必ず膣内洗浄剤を使用しましょう。


 

 

膣内洗浄剤の正しい選び方

膣内洗浄剤は、弱酸性で、なおかつ善玉菌であるデーテルライン桿菌(かんきん) を、洗い流してしまわないものを選びましょう。

 

  • 弱酸性であるか
  • デーテルライン桿菌(善玉菌)を洗い流してしまわないか

 

自浄作用を高める乳酸

2つのポイントを抑えた膣内洗浄剤を使用することで、オリモノの臭いや、膣の痒みを改善することができます。雑菌を洗い流すだけでは、一時的な効果しか得られないので「自浄作用」を高める効果も期待できるものがおすすめです。

 

自浄作用とは、雑菌の繁殖を防ぎ、膣内部の環境を強い酸性に保っている働きのことです。この自浄作用を、高めている成分が乳酸です。 反対に乳酸菌が減少していると、雑菌が繁殖し、臭い・かゆみの原因になります。膣内部の状態を正常に保つために、乳酸は欠かせないのです。

 

反対に乳酸が減少していると、雑菌が繁殖し臭いの原因となってしまいます。

 

乳酸成分配合の洗浄剤なら、臭いを根本から改善することができます。

 

 

84%が効果を実感 乳酸配合で膣内部の環境を整えるインクリア

 

 

  • 産婦人科医と共同開発されているから安心
  • 84%以上が臭い改善を実感
  • オリモノの量が軽減できる
  • 乳酸配合で、自浄作用を高める

 

 

 

膣内部が痒い?膣の外部が痒い?

 

 

酷いかゆみがある場合は、どちらで痒みがあるかで対処方が変わってきます。

 

膣外部の痒み

 

膣外部の痒みは、オリモノがムレたり、ストッキングや下着の摩擦によって痒くなる事が多いです。オリモノの量が多いとデリケートゾーンがムレやすくなる為、痒くなりやすいです。

 

膣内部の痒み

 

カンジタや、膣炎の可能性があります。性行為後の痒みの場合は、クラミジアなどが原因の可能性が考えられます。性行為での性病を完全に防ぐことはできません。しかし膣炎やカンジタ、外部の痒みは、膣内部を清潔にすることで、防ぐことが可能です。

 

 

オリモノの生臭い

 

生理後に痒みが出やすい場合や、オリモノの量が多い場合は、膣内を清潔にすることが大切です。膣内を清潔にするには、やっぱりインクリアなどの膣ない洗浄剤で膣内の雑菌を洗浄するのが一番です。


膣内洗浄でもかゆみ・臭いが治らない場合は膣炎に治療が必要

 

膣内洗浄をおこなっても、かゆみや、臭いが治らない場合は、膣炎や、性感染症、などを発症している可能性が考えられます。

 

この場合は、婦人科で検査を受ける必要があります。性病や、膣炎は、放っておいても治りません。病院から処方される、薬や、抗生物質、などで治癒できます。初期症状の段階では、命にかかわるほどの危険な病気ではありませんが、性病を長期間放置すると、子宮愕ガンにかかり、不妊症になる危険性があるので、早急に検査をおこないましょう。

 

クラミジア感染症、カンジダ膣炎、細菌性膣炎、などのポュラーな感染症であれば、おおよそ一週間〜10日で完治します。