女性にとってオリモノは体調やホルモンの変化を教えてくれる大切なサインの一つです。

 

月の中でもオリモノの量が増えたり、減ったり、色に変化があったりします。特にオリモノの量が増えるときには臭いがいつも以上に気になります。オリモノの臭いの対策について考えていきたいと思います。

 

気になるオリモノの臭い対策

 

オリモノの臭いの原因とは?

正常なときのオリモノの臭いは、膣内の常在菌である、デーデルライン桿菌という乳酸桿菌が存在し、これが下着についた時に酸味のある臭いがするのです。正常なときも臭いがあるのです。

 

しかしここに雑菌が繁殖すると、悪臭へつながってしまいます。雑菌の繁殖を抑えるためにも、日頃から陰部を清潔にし、オリモノの多い日にはオリモノシートを使用したり、ショーツを着替えて清潔を保つことが大事です。

 

洗いすぎは逆効果?

清潔にすることは大切ですが、あまりに気にしすぎて、身体用の石鹸をつかって洗ってしまうと、オリモノの自浄作用が失われ、膣に雑菌や最近を増やしてしまうことになりかねません。

 

身体用の石鹸はなるべく使わず、デリケートゾーン専用のジャムウ石鹸で流すようにしましょう。

 

参考 オリモノの臭いをケアするデリケートゾーン石鹸

 

抗生物質はオリモノの臭いを増悪させてしまう?

抗生物質には病原菌を殺す作用がありますが、そのときに体にもともと存在する良い菌も同時に殺してしまう作用があります。

 

そうすると膣の常在菌である、デーデルライン桿菌も一緒に減少してしまう可能性があり、そのときに膣の中のバランスが崩れてしまうと、膣炎をおこしてしまい、オリモノが増えて臭いの原因になることがあります。

 

このように、陰部を清潔に保ちながら、体の免疫力をあげ、ホルモンバランスを整えることで、オリモノの臭いが正常に保たれることがわかります。神経質になりすぎず、着替えやオリモノシートも使用しながら、気持ち良く日々を過ごしていきたいですね。