オリモノは自然に出てくるものです。

 

その量が極端に多かったり、状態がいつもとは違うと感じることがあった場合、何かの疾患が隠れている可能性もあるので、婦人科を受診したほうがいいかもしれません。

 

しかし特に異変を感じることはない、という場合には1年に1回受診をすることが薦められている、子宮がん検診の際に相談をしてみるのもよいです。
では普段はどのようにしたらいいのでしょうか?

 

オリモノシートで臭い対策

 

オリモノシートで雑菌から守る

 

オリモノに臭いが気になる、という場合対策はあるのでしょうか?

 

まずはオリモノシートを使うことです。下着が汚れることも避けられますし、定期的に交換をすることによって臭いがこもることを抑えてくれます。

 

今はオリモノシートの種類も増えていますし、素材にこだわったものもあります。また香りのバリエーションも増えてきています。お気に入りの香りのオリモノシートを見つけてみるのもいいかもしれません。

 

オリモノは体の中にウィルスが進入をしてくることを防いでくれたり、進入をしてしまったウィルスを体外に排出をする働きもあります。ですから全くない、という人はほぼいないのです。

 

オリモノの量やニオイに悩んでいるのは自分1人ではありません。

 

ただ、他人と比較をすることではないので、正常なのか異常なのか判断がしにくいということもあると思います。情報が少ないのも悩みとなる要因の1つです。

 

魚のような生臭いにおいの場合は細菌性膣炎の恐れがありますので注意してください。

 

参考 オリモノが魚臭い、生臭い、細菌性膣炎かも?

 

オリモノに臭いが気になるから、と言ってビデを頻繁に利用する人がいますが、これは間違いです。デリケートゾーンを守ってくれる細菌まで洗い流してしまう可能性が高いので、頻繁には行わないほうがよいです。

 

自分が気になっているほど、周りの人には気にならないものでもあるので、深く考えすぎないことも必要です。