生理後のオリモノの臭い

生理後のオリモノの臭い

 

生理後のオリモノの臭いは、自分でも憂鬱になりますよね。

 

臭いの原因は、ずばり膣内部に残っている皮脂、汗、雑菌、経血、などが原因です。経血とは生理中に出てくる血液のことです。生理が終わった後でも、膣内部に少量の経血が残ってしまいます。

 

生理後は、この経血をしっかりと洗い流さないといけません。経血を洗い流すには、膣内部を洗浄するのが効果的です。

 

 

生理後のオリモノの臭い改善は膣内洗浄

産婦人科で膣洗浄をおこなうと、おおよそ3000円〜4000円程、診察料がかかります。生理は毎月くるので、時間的にも、金銭的にも、負担が大きいと感じる方が多いようです。また、お医者さんに膣を見られることに、抵抗を感じる方も少なくありません。

 

 

膣内洗浄は自宅ケアがおすすめ

 

婦人科に行かなくても、膣内洗浄は自宅でもおこなえます。通常、生理は35日周期でくるので、その度に、産婦人科に通うとなると、費用が年間でおおよそ5万円程かかります。自宅でおこなえる洗浄剤なら、月に数百円程度となるので、費用で考えても嬉しいですよね。何よりも、見られる恥ずかしさがないことが一番です。

 

生理後のオリモノの臭い

 

ただし、市販の膣洗浄剤の中には、粗末なものもあるので、正しく選ぶことが大切です。

 

膣内洗浄剤は、乳酸配合であること、弱酸性であること、善玉菌を洗い流さないこと、の3つのポイントが含まれているものを選びましょう。


膣内洗浄剤選びのポイント

乳酸配合

乳酸は、善玉菌を増やす役割があります。自浄作用と呼ばれている、膣内部の環境を整える働きも高まります。膣内部の環境が整うことで、生理後のオリモノの量が減り、陰部の臭いが改善されます。

善玉菌を洗い流さない

善玉菌は、膣の雑菌を排除してくれる重要な存在です。市販の石鹸やボディーソープでは、善玉菌まで一緒に洗い流してしまいうので、膣内環境が悪化してしまい、オリモノの臭いが強くなってしまいます。

弱酸性

膣内部は、強い酸性で保たれています。酸性ではない洗浄剤を使用すると、身体に異物が侵入してきたと判断されて、異物を流しだすためにオリモノの量が増えてしまい、逆効果になります。必ず、膣内部と同じ弱酸性成分のものを選びましょう。

 

生理後の臭いを改善してくる、おすすめの膣内洗浄剤はインクリア。

 

 

生理後の臭い軽減に84%が効果を実感、膣内洗浄剤インクリア

 

 

 

インクリアは弱酸性で、乳酸配合されています。デリケートゾーン専門の産婦人科医と共同開発されているので、使用効果がとても高いです。経血や、皮脂、汗、悪玉菌、などを確実に洗浄し、善玉菌はしっかりと残してくれるので、生理後のオリモノの臭いが確実に改善されます。

 

その他の生理後のオリモノの臭い対策法

膣洗浄を使用するのが、もっとも効果的ですが、その他の方法でも生理後のオリモノの臭いを軽減することができます。

 

ナプキンをこまめに取り替える

あくまで予防になりますが、代表的なデリケートゾーンの臭い対策です。同じナプキンを3時間以上使用すると、ムレて雑菌が繁殖してしまうので、マメに取り替えるようにしましょう。

 

ウォシュレットで洗う

デリケートゾーンを、ウォシュレットで洗うのも良い方法です。ただし、外陰部は清潔にできますが、膣内部の汚れを洗い流すことはできないため、膣内部には雑菌や経血が残ってしまいます。あくまで、一時的な臭い改善策になります。

 

デリケートゾーン専用の石鹸で洗う

デリケートゾーン専用の石鹸は、膣外部の恥垢や、汗、雑菌、などを洗い流せます。ただし、デリケートゾーン専用石鹸では、膣内部を洗うことはできません。膣内部は、強い酸性に保たれていて、とてもデリケートです。デリケートゾーン専用石鹸でも、膣内部には刺激が強いので、膣内部を洗ってしまうと、自浄作用のバランスが崩れてしまい、オリモノの量や、臭いが悪化してしまいます。

 

 

生理後のオリモノの臭い

 

生理後の臭い改善には、膣内洗浄剤で洗浄することが一番です。


 

生理後の茶色いオリモノ

生理後に茶色いオリモノが出るのは、膣内部にまだ経血(生理の血液)が残っているからです。とくに、異常な状態ではないので心配はいりません。オリモノ、経血、汗、雑菌、などが空気に触れて酸化すると、オリモノが茶色くなります。

 

生理後の黄色いおりもの

 

オリモノの色が薄く白っぽい黄色(クリーム色)の場合は、正常な状態です。ただし、濃い黄色をしていたり、腹部に激しい痛みを感じたり、強い臭い・かゆみの症状がある場合は、性感染症を発症している可能性が考えられます。早急に、産婦人科で診察を受けましょう。

クラミジア

性行為により感染します。オリモノが黄色くなり、腹部に激しい痛みを感るのが特徴的です。

 

子宮内膜症

オリモノが黄色く、微熱や腹部に激しい痛みを感じます。パートナーとのセックス時に激しい痛みを感じる場合は、子宮内膜症の可能性が考えられます。

 

淋病

性行為により感染します。黄色いオリモノや痒み、オリモノの悪臭といった症状がでます。男性は感染すると気づきやすいのですが、女性は比較的症状が軽いので気づかない方もいます。

 

生理後のオリモノが魚臭い

生理後のオリモノが魚臭い場合は、細菌性膣炎にかかっている可能性が考えられます。生理後は、ホルモンバランスが乱れやすく、細菌が繁殖しやすいので、膣炎にかかりやすくなります。

生理後のオリモノがチーズ臭い

オリモノからチーズのような臭いがする場合は、カンジダ膣炎を発症している可能性が考えられます。特徴として、白い酒粕(さけかす)のような、ポロポロとしたオリモノがでるのが特徴的です。